改善するには

不眠症を改善するには

不眠症を改善する方法として最も代表的なのは、医療機関で睡眠薬を処方してもらうことです。 不眠症にはいくつかのタイプがあり、原因も人それぞれのため、医療機関では症状に合わせた睡眠薬が処方されます。 睡眠薬にもいくつか種類があるので、医師に不眠の状況をより具体的に説明することが大事になります。 時差や部屋の明るさなどの環境要因が原因となっている場合や、アルコールやカフェインの過剰摂取などの生活習慣が要因になっている場合の不眠症は、その要因を取り除けば眠れるようになることも多いですが、ストレスや悩みなどの精神的要因で不眠症になる人も多く、そのような場合は睡眠薬の服用と心療内科等でのカウンセリングも効果的です。

治療を必要とする人とその理由

最近ではうつ病を発症する人が増加していると言われていますが、うつ病は意欲の低下や気分の落ち込みとともに、不眠の症状が出る人が多いのが特徴です。 うつ病の不眠では、寝付くまでに時間がかかるタイプの他に、早い時間に目が覚めてしまい、その後眠れなくなるという早期覚醒タイプが多いのも特徴です。 不眠症になると、体の疲れが取れずに日中の活動量が減ってしまったり、集中力が低下したりと悪循環に陥りがちになります。 そのため、うつ病と診断された場合は、抗うつ薬とともに睡眠薬や向精神薬が同時に処方されることも多くなっています。 また、睡眠は眠っている時間の長さより質が大事で、睡眠時間をきちんととっていても熟睡感を得られない人に対しても睡眠薬が処方されることもあります。