レーザーの効果

郡山青藍病院は、ヘルニアの有名な治療方法としてレーザー治療を行っています。
こうした治療方法はPLDDとも呼ばれ、治療を行うことで効果的に症状を和らげることができるのです。
椎間板ヘルニアは、腰の脊椎にある椎間板が、何らかの原因によりずれてしまい、はみ出た椎間板が神経を圧迫することで引き起こされる病です。
強烈な痛みを発するほか、神経の圧迫により下半身の痺れなども発生するため、椎間板ヘルニアに罹った場合、まともに日常生活を送る事も難しくなるでしょう。
通常であれば、椎間板ヘルニアが起きた場合、切開によって治療を行なうため、病院での入院は不可欠なものとなります。
しかし、郡山青藍病院では、こうした椎間板ヘルニアの治療が日帰りで行なうことができるというのです。
この迅速な治療を行える秘訣が、PLDDと呼ばれるレーザー治療によるものなのです。
レーザーによる治療では、通常の治療法とは違い、切開を行わずに治療が行えます。
レーザーを照射することで、神経を圧迫する椎間板を縮小させ、痛みや痺れを取り除くことができるのです。
局所麻酔を行うだけで治療を行うことができるため、体への負担も少ないため、治療を行った後も日帰りで帰る事ができるでしょう。

郡山青藍病院で推奨するPLDDは、わずか15分程度で治療を終えられます。
忙しいビジネスマンや、子どもの世話を行わなければならない女性であれば、こうした迅速な治療はありがたいものでしょう。
迅速かつ確実な効果が得られるため、郡山青藍病院でこうした治療を受ける人は多くいるのです。