まずは病院へ行こう

花粉症シーズン本格的に

アレルギー性鼻炎の主な原因は花粉やハウスダストなどだと言われています。 この時期の鼻づまりやくしゃみは花粉症であると思われがちです。花粉症だと思いアレルギー性鼻炎に効く薬をドラックストアに買いに来てもなかなか効かないという方もいます。 話を聴くと病院にはかかっていないが、急に鼻水が止まらなくなり花粉症だと自己判断されている方がほとんどです。今の時期であれば黄砂や気温差などによりアレルギー性鼻炎様症状が出ることがありますが、このような場合アレルギー性鼻炎の薬では効きが悪く、病院を受診されると副鼻腔炎だと診断されるケースもあります。副鼻腔炎はねっとりした鼻水や変な臭いがするなどの症状があり、花粉症だと思っていたが慢性副鼻腔炎の治療をしたら治ったという方もいます。

アレルギー性鼻炎と副鼻腔炎の見分け方

アレルギー性鼻炎か副鼻腔炎かは病院に行けば簡単にわかります。ただし適当な医師であればこの時期だと花粉症だと思い込んでいるため、一度パッチテストを希望すると確実です。症状の違いとして花粉症は水っ洟に対し副鼻腔炎は風邪の鼻水みたいに黄色味がかりねっとりしていることもあります。ただこの時期なので風邪かの判断も難しいです。 花粉症はくしゃみがよく出ますが、副鼻腔炎では刺激が少ない室内とかだとあまり出ません。最大の特徴は鼻をすすった時に嫌な臭いがしたら副鼻腔炎の可能性が高いです。 花粉症は病院にかかると簡単にパッチテストをしてくれるため、花粉症かなと思う方は一度病院にかかり、花粉症だと診断されてから市販のアレルギー性鼻炎薬を購入されないとあまり効果が期待できません。